筋トレ総合サイト
  1. 筋トレTOPへ
  2.  > 筋トレの基本
  3.  > 負荷と回数

負荷と回数

ダンベルやバーベルなどで、ウエイトトレーニングをする場合、負荷(重さ)を設定する必要があります。この重さや回数などにより、トレーニングで得られる効果が変化します。 つまり、 目的と効果をしっかり把握して、それにあったトレーニングをする必要があります。

下記はそれを表にまとめたものです。これをご参考にして下さい。

目的 負荷 回数
最大筋力アップ 高い 1回〜5回
筋肥大 やや高い 6回〜12回
筋持久力アップ 低い 15回〜30回程度

このように運動強度と回数の関係は、負荷が高く回数が少ないトレーニングでは筋力が、負荷が低く回数が多いトレーニングでは筋持久力が向上します。

負荷と回数
RM
筋トレと呼吸
ポジティブとネガティブ
筋トレは毎日でも?

筋トレ総合サイトTOPへ

Copyright (C) 2010-2017 筋トレ総合サイト. All Rights Reserved.