筋トレ総合サイト
  1. 筋トレTOPへ >
  2. トレーニング方法 >
  3. 重量固定法

重量固定法

重量固定法は、ダンベルなどを使ったウエイトトレーニングで、全てのセットを同じウエイト(負荷)で行うトレーニング法です。

例えば、10kg×10レップ、3セットを目標にします。
1セット目が10回、2セット目が10回、3セット目が8回だったとします。この場合は、目標値と実際のレップ数が大きな隔たりもなく、概ね適した負荷でトレーニングができていると思われます。
重量・レップ数の設定はトレーニングの目的によって異なるので、自分の目的にあったものを設定するようにしましょう。

これを続けていると、3セットとも10回できるようになると思います。目標値に達した場合は、重量もしくはレップ数を増やす必要があります。また、1セット目が10回以上できるようなら、10回でやめる必要はありません。できる回数の限界を行いましょう。
セット数が進むにつれて、当然レップ数も落ちていきます。ただ、あまりにも極端に回数が減るようであればインターバルを長めにとるなどして調整しましょう。
また、10kg×10レップを目標としても、あまりにも実際に可能な回数と隔たりがある場合は、目標値の見直しが必要です。

重量固定法は、最もシンプルなトレーニング方法なので初心者の方にもお勧めです。

スポンサードリンク

トレーニング方法の一覧へ
筋トレ総合サイトTOPへ

Copyright (C) 2010-2018 筋トレ総合サイト. All Rights Reserved.