筋トレ総合サイト
  1. 筋トレTOPへ >
  2. トレーニング方法 >
  3. パーシャルレップ法

パーシャルレップ法

パーシャルレップ法は、ウエイトトレーニングで最後のセットでフルレンジの動作ができなくなっても、できる範囲の最大の可動域で、更に数レップ行うトレーニングです。

最後のセットで、フルレンジでの動作が不可能になってもやめず、次はできる範囲の最大まで行います。その次もできる範囲の最大まで行います。やがて可動範囲が狭くなり限界をむかえます。

パーシャルレップ法は、かなり疲労がたまるので、ダンベルやバーベルなどの器具を扱う際には十分気をつけましょう。

パーシャルレップ法は、オールアウトに適したトレーニング方法です。シンプルですがかなり効きます。基本的には最後のセットで行います。

スポンサードリンク

トレーニング方法の一覧へ
筋トレ総合サイトTOPへ

Copyright (C) 2010-2018 筋トレ総合サイト. All Rights Reserved.