筋トレ総合サイト
  1. 筋トレTOPへ >
  2. トレーニング方法 >
  3. コンパウンドセット法

コンパウンドセット法

コンパウンドセット法とは、同じ部位(1つの筋肉)に対して、効果のある2種目のトレーニングをインターバルを挟まずに行い、これを1セットとするトレーニングです。

例えば、初めにダンベルカールを数レップ行います。次に、インターバルを挟まずにコンセントレーションカールを行います。これで1セットです。

1セット目終了後、インターバルを挟んで2セット目・3セット目と行います。インターバルは種目間ではなく、セット間に取ります。

上記は、トレーニングの一例です。トレーニング箇所に適切なトレーニングメニューを選びましょう。

コンパウンドセット法は強度の高いトレーニングです。通常(1種目の場合)よりも負荷は低めに設定します。
また、1種目目にコンパウンド種目、2種目目にアイソレーション種目の順に行うようにしましょう。1種目目である程度疲労した後で2種目目に高強度のトレーニングを持ってくると、十分なトレーニングをできなくなる可能性があります。
大胸筋のトレーニングの例として、1種目目バーベルベンチプレス(コンパウンド)2種目目ダンベルフライ(アイソレーション)のような組み方がお勧めです。

コンパウンドセット法は、オールアウトに適したトレーニング方法です。短い時間で効率よく追い込むことが可能です。

スポンサードリンク

トレーニング方法の一覧へ
筋トレ総合サイトTOPへ

Copyright (C) 2010-2018 筋トレ総合サイト. All Rights Reserved.