筋トレ総合サイト
  1. 筋トレTOPへ >
  2. トレーニング方法 >
  3. スーパーセット法

スーパーセット法

スーパーセット法は、異なる部位に対して効果のある2種類のトレーニングをインターバルを挟まずに行い、これを1セットとするトレーニングです。基本的には、主動筋と拮抗筋を1対にしてトレーニングを行います。

主動筋とは、ある動作の際に主として働く筋肉のことで、拮抗筋とはこれと反対の働きをする筋肉のことです。
例えばバーベルカールで腕を曲げる動作を行うとします。この場合、主動筋は上腕二頭筋、拮抗筋は上腕三頭筋になります。

上記のように上腕二頭筋と上腕三頭筋のトレーニングを組み合わせるとします。

初めにナロー番地プレスを数レップ行います。次にインターバルを挟まずにバーベルカールを行います。これで1セットです。
1セット目終了後、インターバルを挟んで2セット目・3セット目と行います。インターバルは種目間ではなく、セット間に取ります。

上記は、トレーニングの一例です。トレーニング箇所に適切なトレーニングメニューを選びましょう。

スーパーセット法は、強度の高いトレーニングです。通常(1種目の場合)よりも負荷は低めに設定します。
主動筋が収縮するとき拮抗筋の回復しやすくなります。スーパーセット法は、これを利用したトレーニング方法です。

スポンサードリンク

トレーニング方法の一覧へ
筋トレ総合サイトTOPへ

Copyright (C) 2010-2018 筋トレ総合サイト. All Rights Reserved.