筋トレ総合サイト
  1. 筋トレ総合サイトTOP >
  2. 大胸筋トレーニング >
  3. 腕立て伏せ

腕立て伏せ(プッシュアップ)

腕立て伏せは、一般的によく知られる自重トレーニングで、プッシュアップとも呼ばれます。方法により効果は異なり、大胸筋や上腕三頭筋に効かせることができます。

腕立て伏せの方法

うつ伏せになり、両手と両足のつま先で体を支え、両腕を伸ばした体勢をとります。このとき、手幅を広くとると大胸筋に効果があり、手幅を狭くとると上腕三頭筋に効果があります。
そこから肘を曲げて体を地面ギリギリまで下ろしていき、また元の体勢まで体を持ち上げます。
これを繰り返します。

注意点

  • 腰を上げ過ぎたり、下げ過ぎたりせずに頭から足まで一直線に保つようにします。
  • 体を下ろす際は地面ギリギリまで下げて、持ち上げる際はきっちり元の体勢まで戻すようにします。
  • 反動を使わずゆっくりと動作を行うことにより、より大きい負荷を得ることができます。またフォームの確認もしやすく、正しい方法で行うことができます。

腕立て伏せの効果

腕立て伏せは両手の間の広さや、手を置く角度によって負荷が掛かる部位が変わります。幅が狭い場合は上腕三頭筋に、幅が広い場合は大胸筋に効果があります。また、手のひらが横になるように置くと負荷は上腕三頭筋に入ります。
腕立て伏せは負荷が軽いため、ある程度回数ができてしまいます。負荷を増やす方法はありますが、限界があるため自分に合った負荷のトレーニングを行いましょう。

腕立て伏せ(プッシュアップ)の動画

腕立て伏せ(プッシュアップ)の動画です。
katochan33さんというボディビル競技者でパーソナルトレーナーの方の動画です。細かく解説していて、しっかりと負荷がのるフォームを教えてくれるので非常におすすめです。

スポンサードリンク

筋トレ総合サイトTOPへ

Copyright (C) 2010-2018 筋トレ総合サイト. All Rights Reserved.