筋トレ総合サイト

クレアチンとは

クレアチンは、アルギニン・グリシン・メチオニンの3種のアミノ酸によって作られる物質です。その95%が骨格筋内に存在します。クレアチンは筋収縮のエネルギー源である「ATP(アデノシン三リン酸)」を合成して素早くエネルギーを供給しますATPは脂肪や糖質などを原料としてつくられますが、高強度の運動においてクレアチンリン酸は素早くATPをつくることできます

クレアチンは摂取すると体内でクレアチンリン酸に変換されてエネルギー源として、体内に蓄えられます。筋肉内のクレアチン濃度が増加することで瞬発運動において、より高いパフォーマンスを発揮することができます。クレアチンには筋肉内に水分を引き込む作用があるため、体重も増える可能性があります。
クレアチンは肉や魚などからも摂取できます。しかし、サプリメントと同じ量を肉や魚から摂取するためには、多量の食品を摂取する必要があります。

摂取タイミング

クレアチンは体に吸収されやすいトレーニング後が摂取タイミングとしておすすめです。また糖質との摂取が効果的なため、食後などもお勧めです。クレアチンの摂取は、ローディング期・メンテナンス期に分けて異なる量の摂取を推奨されていることもあります。(詳しくはメーカーの商品の説明を読んでください。)また、クレアチンを飲まない期間を設けた方がよいという意見もあります。
クレアチンは他のサプリメントに比べて、目に見えて効果があらわれやすく、サプリメントの中でも重要視する人も多いです。摂取量に関してはメーカーの推奨する適量摂取を心がけましょう。また、水分摂取はしっかり適切に行うようにしましょう。

効果・特徴

  1. パフォーマンスの向上(特に瞬発系)に効果が期待できる。
  2. クレアチンは筋肉に水分を引き込む性質を持つため、筋肉中の水分量が多くなる。

スポンサードリンク

部位別メニュー

筋肉の知識

トレーニングの知識

食事の知識

ピックアップ

その他

インフォメーション

Copyright (C) 2010-2019 筋トレ総合サイト. All Rights Reserved.