筋トレ総合サイト

筋トレとブロッコリー

ブロッコリー

アスリートやボディビルダー・フィジーカーの方がブロッコリーを好んで食べている場面がよく紹介されていますが、なぜブロッコリーが食べられているのでしょうか?
ここでは、その理由やブロッコリーの効果について解説していきます。

ブロッコリーの栄養

ブロッコリーにはタンパク質・ビタミンCビタミンB群食物繊維などが多く含まれています。
野菜の中ではタンパク質を多く含み、食物繊維も多く含んでいるため減量期でも食べられます。また、上記のほかにもビタミンEカリウムカルシウムなどの多くの栄養素が含まれています。
低カロリーで食べ応えがあり栄養価も高いため、筋トレをする人には適した食材といえます。

ブロッコリーの調理法

ビタミンCなどの水溶性ビタミンは長時間水につけたり、茹でたりすると栄養が減ってしまいます。ブロッコリーは長時間ゆでると栄養が下がってしまうので、短めに3分ほどで栄養を逃がさないようにしましょう。電子レンジでの加熱や蒸し焼きなども栄養の減少を抑えます
また、冷凍ブロッコリーは通常のものより少し栄養素は下がります。

また、変種であるカリフラワーも栄養価の高い非常にすぐれた食材です。ビタミンC・葉酸・カリウムなどが多く含まれています。

スポンサードリンク

部位別メニュー

筋肉の知識

トレーニングの知識

食事の知識

ピックアップ

その他

インフォメーション

Copyright (C) 2010-2019 筋トレ総合サイト. All Rights Reserved.