筋トレ総合サイト

筋トレの効果

体脂肪率の低い男性

筋トレを行うとどのような効果があるのかを紹介しています。

目次

筋力が上がる

当たり前のことですが、筋トレを行うとその部位の筋力の向上、または維持ができます。筋トレは特定の部位を狙って鍛えることができるため、日常生活では使うことが少ない筋肉でも、筋トレを行うことで負荷を与えることができます筋トレというと筋肉ムキムキの人をイメージしがちですが、普段の運動量が少ない方の健康維持などにもお勧めです

見た目が変わる

筋トレを継続して行うと、見た目(体形)が変わっていきます。どう変化するのかはメニューと食事内容によって決まります。とにかく筋肉を大きくしたい場合は、栄養も消費カロリー以上にしっかりと摂る必要があります。反対にウエストがしまったスリムな体形にしたい場合は、必要な分の栄養素はしっかり摂ったうえで脂質や炭水化物など普段の食生活で、過剰に摂取しやすい栄養素を控えめにする必要があります。

太りにくくなる

筋トレ(無酸素運動)で筋肉量が増えてくると、基礎代謝も上がります基礎代謝とは、人が生命を維持するために消費される最低限必要なエネルギーのことです。安静にしている状態でも消費され、年齢によって異なりますが、成人男性では約1500kcal成人女性では、約1,200kcal程です。筋肉量の増加によって増える基礎代謝の数値はそれほど大きなものではありませんが、一週間・一ヵ月・一年と長い目で見ると効果は大きいです。

その他のメリット

筋トレ

上記は筋トレを行うことによる直接的な効果ですが、それ以外にも思わぬ効果を生むこともあります。例えば、食事の重要性については他記事でも記載していますが、筋トレを行うと食事への意識が高まることが多く、食事を規則正しくしっかり摂ることによって、生活のリズムも整えやすくなります。また、からだを動かすことでストレスの解消や気分転換にもつながり、精神的にも多くのメリットがあります。

まとめ

筋トレというと、ジムでバーベル100kgや200kg挙げるようなイメージですが、適度なトレーニングは健康維持やダイエット目的など多くの人にお勧めです。上記では、メリットばかりを紹介していますが、やり方や目的を間違えればデメリットもあります。
本格的に筋トレを行いだすと、ジムの会費やプロテインなどのサプリメント代など意外とお金がかかるし、筋肉が大きくなると服のサイズがどんどん合わなくなっていきます。また、間違った方法でトレーニングを行うとケガをする可能性もあるので注意が必要です。

まずは自分がどうなりたいか、ある程度具体的なイメージを持つことをお勧めします。それに合わせて食事やトレーニングメニューを決めます。そのためにはある程度は知識が必要になりますが、現在は書籍やウェブサイトなどでトレーニングに関する多くの情報が発信されているためそれらを活用しましょう。自分で考えるのが難しければ、ジムなどでトレーナーの方に頼るのもいいと思います。

スポンサードリンク

筋肉の知識

食事の知識

トレーニングの知識

部位別メニュー

ピックアップ

その他

インフォメーション

Copyright (C) 2010-2019 筋トレ総合サイト. All Rights Reserved.