筋トレ総合サイト
  1. 筋トレ総合サイト・トップページ >
  2. 筋肉の構造 >
  3. 超回復

超回復

筋肉はトレーニングなどで負荷をあたえると、筋繊維が微小のキズを受けます。その際、筋力は一時的に低下しますが、休息を取ると元の筋力に回復した後、さらに元の筋力よりも成長させようとする性質を持ちます。このことを超回復といいます。

超回復はトレーニング後(負荷をあたえて)から、およそ48時間〜72時間といわれています。また、超回復の時間は、人によって個人差があり、部位や運動強度などによって異なります。回復の早い箇所や強度の低い運動はこれに当てはまりません。

筋繊維の損傷が回復しないうちにトレーニングを繰り返すと、効率的な筋力の向上が難しいほか、怪我を引き起こす恐れもあります。

正確なタイミングを狙うのは困難ですが、自分の体は自分自身が一番わかると思います。時間はあくまでも目安として、筋力や体調をしっかり見極め自分にあったペースを見つけましょう。

超回復については諸説ありますが、トレーニングの質が落ちない程度に回復すれば問題ないと思います。
例えば、スクワットやベンチプレスなどでしっかり追い込んだ次の日に、また、同じ部位で十分なトレーニングをすることは難しいと思います。休息が必要な時間には個人差がありますが、基本的には十分なトレーニングができるまで休む必要があります。

スポンサードリンク

筋トレ総合サイトTOPへ

Copyright (C) 2010-2018 筋トレ総合サイト. All Rights Reserved.