筋トレ総合サイト
  1. 筋トレTOPへ >
  2. トレーニング方法 >
  3. ディセンディングセット法

ディセンディングセット法

ディセンディングセット法は、ダンベルなどを使うウエイトトレーニングで、そのセットで限界まで追い込んだ後、先ほどの60〜70%のウエイトに下げて、インターバルを挟まずに、更に数レップ行うトレーニングです。

ウエイトを下げる際の60〜70%というのは、メインセットの60〜70%であり、最大挙上重量ではありません。

変更したウエイトにもよりますが、4〜6レップ程度行えると思います。それ以上行える場合は、メインセットのウエイトが低い可能性があります。

ディセンディングセット法は、オールアウトに適してはいますが、手際よくウエイトを変更する必要があります。バーベルなどを扱う場合は補助者がいるとスムーズに行えます。
また、かなり疲労がたまるので、基本的には最後のセットで行うことをお勧めします。

私自身も、どうしても時間がないときなどにメインの1セット目からディセンディングセット法行い、2セットで追い込むという感じのトレーニングも行ったりします。この場合は、数回重量を落としてある程度軽い重量まで追い込んでいきます。

スポンサードリンク

トレーニング方法の一覧へ
筋トレ総合サイトTOPへ

Copyright (C) 2010-2018 筋トレ総合サイト. All Rights Reserved.