筋トレ総合サイト

筋トレと食事について

朝食

筋肉の発達において食事は大変重要になります。質の高いトレーニングを行っても、栄養が十分でなければ効果も下がります。食事からしっかり栄養を摂取しましょう。

タンパク質

タンパク質は筋トレにおいても大切な栄養素です。
人の体は60~70%ほどが水分でできていますが、次に多いのがタンパク質です。およそ15~20%ほどとされています。 タンパク質には筋肉・骨・毛髪・爪・皮膚などをつくる働きがあります。

タンパク質の1日あたりの必要量は体重1kgに対して約1gとされています。トレーニングをする人は体重1kgに対して1.5~2gほど必要とされています。普段からタンパク質を気にしている人は、食事のみで摂取することも可能ですが、通常の食事メニューでは容易には満たないと思います。
バランスの良い食事メニュー考えた上で、肉や魚介類などタンパク質の多い食材をしっかり摂って、足りない分をプロテインなどで補いましょう。

炭水化物

炭水化物はダイエットなどにおいては邪魔者とされがちですが、筋トレにおいては非常に重要な栄養素です。筋肉を大きくするためには、タンパク質だけでなくこの炭水化物も大きな役割を果たします。また、体を動かす主なエネルギー源にもなるため欠かせない栄養素です。

必要量は、目的や現在の体重・1日の運動量などによって異なります。増量中や激しい運動を行う方は比較的に多めに、減量中や消費カロリーの少ない方は比較的に少なめになります。

脂質

脂質は主に、細胞膜の成分、ホルモンなどの材料になります。脂質にも大切な役割があるため、過度な制限には注意が必要です。ただ、脂質はタンパク質・炭水化物に比べてエネルギーが高く、多くとりすぎると脂肪として蓄えられるため、適度な摂取を心がけましょう。

食事のタイミング

トレーニングを行う人の食事のタイミングは人によって様々ですが、基本的には次の食事までが長時間空き過ぎず、規則正しく摂った方がいいです。また、トレーニング時は空腹状態を避けるようにしましょう。トレーニングの2時間くらい前にとっておくとよいです。

まとめ

タンパク質はもちろん重要ですが、その他の栄養素もおろそかにしてはいけません。
それぞれに役割があり、健康を保つ上ではどれ1つ欠かすことはできません。炭水化物は筋肉を大きくさせるうえで非常に重要ですし、脂質・ビタミン・ミネラル等にも大切な役割がありますタンパク質を十分に摂取しつつ、他の栄養素もバランスよく摂取しましょう

スポンサードリンク

部位別メニュー

筋肉の知識

トレーニングの知識

食事の知識

ピックアップ

その他

インフォメーション

Copyright (C) 2010-2019 筋トレ総合サイト. All Rights Reserved.